LEDを普及しよう

LED POINT

LEDを使ってエコライフを送ろう

LEDは、昨年の日本人3名のノーベル物理学賞受賞で話題となりました。日本人によって青色のものができたことにより,光の三原色がすべてそろったためすべての色を表現することができています。このLEDは、従来の白熱電球に比べ、30倍から60倍ほど長寿命であり、低消費電力であり、低発熱性などのメリットがあります。このため、白熱電球と比べると多少高価格にはなってしまいますが、もちがよく消費電力が小さいため、お得であり、エコライフを送ることができると言えます。これらの理由から、LEDは多くの照明に使われていて,家の照明やテレビの液晶パネルだけでなく,信号や電灯など家の内外の多くのものに用いられています。これも,国や企業などの多くの人がエコであることを考慮しているためだと言えます。ほとんどのものが白熱電球から変わっていますので、この機会に家のなかの白熱電球を変えてしまうことも良い選択です。エコライフにつながる決断となるでしょう。

LED照明がエコである理由

一般的に、LED照明はこれまでの白熱灯や蛍光灯にはない特徴があり、そのためエコであると言われています。LED照明の特徴として、今までの光源よりも寿命が長く、蛍光灯の約4倍、白熱灯の約40倍の約4万時間の寿命があります。そのため、今までに比べて電球取替えの手間を省くことができます。また、低消費電力であり、器具や装置を小型化できるため省スペースで設置することができます。発熱量も低減されており、可視光線以外の紫外線や赤外線なども低減されています。そのため、昆虫が寄ってきにくくなっています。さらに、高輝度であり、気温や室温の影響を受けにくく、安定して明るさを保つことができます。また、明るくなるまでの時間が短く、電源ONとほぼ同時に最大輝度を得ることができます。電源ON/OFFを繰り返しても寿命は変わらず、衝撃に強く壊れにくいという特徴もあり、水銀なども使用しておらず、環境への負荷も低減されています。これらの特徴から、LED照明はエコであると言えます。

check


貸会議室 八重洲口


Last update:2020/2/14

『LED エコ』 最新ツイート

△TOP△