LEDを普及しよう

LED POINT

LED電球を選ぶコツは

LEDを使用した電球を使うメリットは、第一に省電力だということです。白熱球を使った時の6分の1位と計算されています。LED電球が一般に出始めた最初の頃は、価格が白熱球と比べて高かったですが、今はだんだん値段も落ち着いてきています。電球を選ぶ時のコツは、出来る場合は、店頭で実際にデモをしているものを見ることです。(実物に電気を流して、ランプがついている状態を観察します)白熱球の明るさの単位と、LEDの明るさの単位は違うので、「**ワット相当の明るさです」と表示されていることが多いです。でも、これだけではよくわからないですよね。実際に見て比べられるものなら、見た方が誤差は少なくなります。また、見ることができない場合は、一段階明るいと思われるタイプを選んでも良いでしょう。忘れがちですが、ソケットの直径サイズと、長さを計ってメモしておきましょう。カバー付きの照明に使用する場合は、サイズをメモして選ぶことで、カバーの中に納まらないという事態を防ぐことができます。

家の電球をLEDに全部交換してみました

以前は夏のエアコンを多用する時期には電気代が2万円近くかかるときもありました。また、白熱球は寿命も短く、すぐに電球切れをおこし交換頻度も多いので当時まだまだ価格が高いものでしたがLED電球に交換することにしました。電気量販店のポイントがたまっていた事もあり、初期のランニングコストはかからなかったので一気に15個くらいの家庭内の電球を交換してどれくらい料金が下がるのかを楽しみにしていました。しかし夏が終わってエアコンの使用量が減ってしまったため、LEDの効果で電気代が下がったのかは次の月の明細からは良くわかりませんでした。結局秋口は電気代の変化を残念ながらさほどかんじられませんでした。冬の時期になり、電気代がかかる季節となり、明細を楽しみにしていましたが、前年は1万強かかっていた電気代が1万円弱となっていました。全てがLEDの効果とは限りませんが、家庭内の節電と言う意味では非常に効果があったと思います。

pickup


注文住宅 東京


2019/6/13 更新

『LED 電球』 最新ツイート

@yota0565

#UNザフェイス 交換したいもの! 部屋のライトを、LEDに変えたいです。💡 気になってるのが、調光(ちょうこう)タイプ!昼間は白く明るく、夜は電球色のオレンジで落ち着く色に! 電気代も安いしね💸💰

25分前 - 2020年07月08日


@oyanpon

「車検対応部品なのに車検に受からない理由」Vlog#105 https://t.co/z8G3ckLAeO @YouTubeより ナンバー関係は有無を言わさず取り外す。hid、LEDの光軸出ないのも交換 h4の青バルブの光量出ないのも交換 電球類はノーマルを乗せておいてください。

33分前 - 2020年07月08日


@enekan_com_e

(2018-Ⅳ)光に変換されない電力は熱で捨てられる。ランプ効率が20lm/W程度にすぎない「ハロゲン電球」などでは、消費電力の大部分が熱となって捨てられていることになるが、白色LEDではランプ効率が170lm/W程度のものが実現されており発熱量は「消費電力の半分程度」である。

1時間前 - 2020年07月07日


△TOP△