LEDを普及しよう

LED POINT

広がり続けるLEDの可能性

これからの光源として、もっとも期待されているLEDとは、電流によって発光する半導体の一種、発光ダイオードのことです。半導体に電圧を加え、プラスとマイナスが結合する時に発生するエネルギーが、直接光になる性質を利用しています。これまでの白熱灯などのように、電気エネルギーを熱エネルギーに変換した後、光エネルギーに変換するのとは異なり、エネルギーが直接光になるため、大変効率がよくなっています。そのため、これまでの電球を、LED電球に交換すると、節電効果がきわめて大きく、急速に普及しつつあります。しかし、LEDの性質は、効率のよさだけには留まりません。その他にも、水銀を使わず、長寿命、小型で軽量、低温の中でも発光効率の低下が少ない、熱線や紫外線が少ない、調光や点滅が可能、衝撃に強い、等々、これまでにはなかった様々な長所を持っています。そのため、現在でも、信号機や携帯電話、自動車のバックライトなどで、しばしば用いられてきました。そうした使用に加えて、今後は、メンテナンスが難しい場所や、従来のものが設置出来なかったような狭い場所をはじめ、屋外や水中にも設置出来る可能性が広がっていて、今後ますます広範囲での使用が期待されています。

マンションのリフォームで効果を発揮するLED照明

マンションのリフォームなどで、照明プランを見直すケースが増えています。それは、壁の仕上げや造作家具を変更するよりも、照明プランを変更する方が、はるかに安上がりな上に、空間の雰囲気を大きく変えることにつながるからです。マンションでは、新築時、天井の真ん中にシーリングライトが1灯のみ設置されているという場合がほとんどです。こうしたシーリングライトは、部屋全体を明るくするという点では、大きな効果がありますが、空間の雰囲気づくりという点では、少し演出性に欠けるところがあります。そのため、こうした1灯照明を、多灯照明に変更することで、空間に変化をつけるというリフォームが、近年増加しています。そしてそのような場合に大きな力を発揮するのが、LED照明です。LEDの最大のメリットは、消費電力の少なさです。多灯照明に変更しても、ハロゲン系照明にくらべて、消費電力を大幅に削減することが出来ます。これは、大抵の場合、電気容量という制限がつきまとうことになるマンションのリフォームにおいて、その可能性を大きくひろげるものであると言えます。そうしたことからも、今後ますます、マンションのリフォームにおいて、LED照明が普及していくものと考えられます。


recommend


最安値価格にてお見積もり!


太陽光発電の見積もり




2020/10/7 更新

『LED』 最新ツイート

@zero_use

@boudreau_me @Tim_Bousquet @zwoodford This isn't a good way to deal with problems. What has changed such that the k… https://t.co/Gb05DEBzv2

2秒前 - 2020年11月27日


@terriermanUSA

@KristiNoem SOUTH DAKOTA death cult led by @govkristinoem. https://t.co/UucEakSAsL

7秒前 - 2020年11月27日


@NorbertDurst

New Berlin 2023 G Ella Kern (5-9) scored a game-high 27 points, including 7 threes. Clare Diener led Cedarburg with… https://t.co/tEEQo1c4Ip

8秒前 - 2020年11月27日


△TOP△